これはまだ、俺様が中川翔子に出会う前のことだ

ネットで出会った奴らとリアトモを含む、数名で詐欺グループを結成してたことがあったんだが

主にネット上を中心に詐欺や不正アクセス、恐喝などを働いていた。 特に完美世界ってゲームでは儲けさせてもらったぜ。

もちろん今はもう足を洗ったんだが そのうち1人は逮捕され(そいつの個人事情により)1人は事故で死亡。

そして残ったのは3人だけ。 そのうち2人は連絡が取れなくなっている。

ちなみに俺様だけは無事かというと、そうでもない。 前に書いたかもだが、ある女に金を持ち逃げられたぜ。

連絡が取れない1人ってのはそいつのことだ。

なんか、たかがネットの犯罪なのに因果応報みたいで奇妙だぜ! ある意味心霊体験より奇妙だ(?д?)

だがはっきり言って、俺達つうか首謀者は主に俺とリアトモだったんだが

特に俺は悪質だったな。人を貶めることを心から楽しんでいた。

今もそういうところはあまり変わってないが

ちぃとばかしやりすぎてしまったという反省の心が俺にはある。

それは被害者に対してではなく、仲間だった奴に対してだ。

メンバーの中に知的障害を持った奴がいてな

そいつのIQは100未満なんだが、一般人のIQ100以上とされている。

IQが100に満たない者は知的障害者と判断されることがあるらしい。

そいつがそのことを最初に知ったのは高2のとき。突然、自分が障害者だと診断されてひどくショックだったらしい。

当時ヤフーチャットに嵌っていた俺が

その話しをそいつ本人から初めて聞いたとき

こいつは利用できると思った。

それから俺様と知的障害者(以後IQ99と呼ぶ)は手組み

ヤフーチャットをひたすら荒らす日々が続いた。

IQ99は頭は悪いがユーモアのある奴だった。

考えなしに行動するから、ときにはヘマをすることもあったが

余計なことを考えない分、扱いやすい奴だった。

ある日、ただの荒らしという一線を越えて犯罪行為を犯した。

とあるチャット部屋でいつものようにウィルスURLを踏ませていたときのことだ。

俺様が言葉巧みに「身元が判明する」「PCが乗っ取られる」などのデマを信じ込ませていたら

そのウィルスを踏んだ女子中学生がパニクって泣き出してしまったのだ。

最近のガキはおおげさだな(?Д?)ブワッハハハッハハハッハハハ八

と笑い転げていたら

その女子中学生がボイスチャットでウィルスを踏ませた俺に直接助けを求めてきた。

聞くところによると、その少女は親のPCを使っているらしく

親は医者をやっていて、PCの中には大切な患者のデータが入っているらしい。

・・・・これは

その瞬間俺様の悪知恵は嘗てないほどに活性化した。

そのあと俺様がその少女をどうしたのかは後日語るとしよう。

味を占めた俺様は、これをもっと面白いことに利用できないか?

と考えた末、詐欺集団を結成することにしたのだ。

それからネット見つけた頭のイカれた数名とリアトモが1人仲間に加わり

本格的に詐欺集団は活動を開始したのだ。

・・だがそんな中

知的障害者であるIQ99は他のメンバーに煙たがられていた。

逆にずっと2人でやってきたのにいきなりメンバーが増えたことにIQ99も不満を感じていたようだ。

奴が知的障害者であることは俺しか知らない。だから俺が奴と他メンバーとのバランスを取るしかなかった。

しかし詐欺活動をするときのIQ99のヘマは目立っていた。IQ99は元々ふざけ半分に行動する癖があったのでそういうところも含めて、俺もIQ99にイラついていた。

こいつマジでやる気あんのか?

と思った俺はある日、別の人間に成りすまして、IQ99を試してやることにした。

当時、俺達は詐欺とは別にただ単に荒らして遊ぶだけのこともあったので

多くのユーザーから憎まれており、その中にヤフーチャット荒らし撲滅集団モンスターという集団も入っていた。

俺はその敵対組織であるモンスターのメンバーのフリをしてIQ99にヘッドハンティングを目的とした内容で話を持ち掛けた。

するとIQ99の野郎!!

メンバーの秘密、特に俺のことをベラベラと話し、スパイなら任せとけ!と言わんばかりの反応を見せたのだ。

次の日、俺はIQ99とボイスチャットで雑談をしていた。

そんな和気藹々とした中、不意を突くようにメンバー追放の宣告を下した。

IQ99は

「べ、べつにいいよ おれもちょうど、いんたいしようと思ってたもんね!」

と動揺しつつも強がりを言っていた。

俺は追い討ちを掛けるようにIQ99の存在を否定した最高最悪な言葉をIQ99の心臓に針を一本一本刺していくようにゆっくりと罵った。

IQ99はそれでも最後まで強がっていた。

だが強がるほど呼吸が乱れているのがイヤホンからはよく聞きとれた。

それからしばらくたって

先にも述べたようにメンバーはばらばらになっていった。

元々仲良しグループだったわけでもなく、むしろ疑心暗鬼が絶えなかったわけだが

今になって思うとIQ99はあの中で一番純粋な奴だった。

元々あいつ自身悪意の強い奴だったが、奴を誘って利用していたのは俺にも非がなかったわけでもない。

いや

あの中に非のない奴などいなかった。

非常だからこそ、俺達は成り立っていたのだろう。

〓顔文字〓